中山金杯 回顧

早速、年始めの予想から本領発揮(?)してしまった。

買いたくない本命馬(アドマイヤフジ)が強い勝ちっぷりをされた。
狙った大穴(カオリノーブル)は、スタートで後手引いてから芝のスピードについていけない感で後方のままだった。

アドマイヤフジはパドック見た限り、悪く感じなかった。レースでは、斤量背負っていることもあり、3角過ぎで捲って早め先頭、押し切った。今まで戦ってきた相手が違うということだろう。

人気のサイレントプライドは、パドックで気負いすぎていた。ハンデも見込まれた感だった。

メイショウレガーロは厩舎コメントのとおりパドックで良く見えたクチ。ハナに立ち、スローの流れで、善戦した。

ブラックタイドは、ブリンカーが効き過ぎた感、パドックでテンションが高かった。


以前から私の予想である人がいう。
消した人気馬は必ず来ると・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック