どこまでもつか いきなり競馬予想連続ミニ小説 VOL.4

ダイヤモンドSは、あっけなく沈没した山田。

最近、馬券が当たっていないことから、財布の中が寂しく、今週はおとなしく自分で店を出しているバー「Horse pub」で仕事をしている。

気になるニュースがあった。
競馬専門誌ホースニュース馬の休刊だ。
山田は人ごとではないと感じていた。
それは、山田が以前会社勤めをしていたが、人員削減があり、それを機に退職し、店を出す決意をした。
「何とか、ならんものか・・・。他の専門誌等で雇うことができないのか・・・」とぼやいていた。

土曜日の夜、店に「おじさん」がやってきた。
バーボンのロックを頼んだ。
山田は、ブラントンゴールドを出した。栓が競走馬の形になっているものだ。

当然ながら、フェブラリーSの検討会開始のサインであった。

山田から「ダイワスカーレットが回避して、楽しみが減った」
「確かに。俺はダイワから買うつもりだっただが・・・。ヴァーミリアンはどう?」とおじさん。
「やっぱりマイルが良いといえんしな~。あくまでも押さえだな。」
「ワイルドワンダーとかペリエのロングプライドあたりか・・・」
「ロングプライドは好きなんだけど・・・。どうも最近ピリっとしないし、ヴァーミリアンより外枠を引いたワイルドワンダーもどうか」山田は迷っているようだ。

おじさんが帰り、山田ひとりで冷えたジンのボンベイサファイアをストレートを飲みながら、考えた。
どうやら、昨年のこのレースではダメだったメイショウトウコンから、1頭軸マルチで、ブルーコンコルド、リミットレスピッド、地方のアンパサンド、ロングプライド、人気のヴァーミリアン、ワイルドワンダーへ100円ずつで流すようだ。

どうなるのやら・・・。

http://41407514.at.webry.info/200802/article_14.html VOL.3
http://41407514.at.webry.info/200802/article_10.html VOL.2
http://41407514.at.webry.info/200802/article_3.html  VOL.1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック