KEIRINグランプリ08 VOL.3(結果:回顧)

公営ギャンブル総決算となる、KEIRINグランプリ08(GP)が、30日(火)、平塚競輪場(先固2825メートル:7周)で行われた。

グランプリを制したのは競輪祭の覇者、井上 昌己(長崎・86期)だった。

レースは、単騎となった佐藤友和(岩手・88期)が周回を重ね、平原康多(埼玉・87期)が番手、渡邉晴智(静岡・73期)がその後ろ、永井清史(岐阜・88期)の外に山崎芳仁(福島・88期)が併せる展開。打鐘がなり、一度は6番手まで下がった永井が一気の大捲りを打ち、一気に先頭へ。小嶋敬二(石川・74期)が追走するも残り1周のゴール板ではかなりの差がついた。3番手に井上昌己(長崎・86期)が追走する。向正面過ぎでは永井が一杯となり、小嶋が交わして先頭、井上が2番手、その後ろに佐藤が追走する。直線に入り、小嶋が粘ったと思えたが、外から井上が交わしてゴール。最内をついた平原が2着に入った。佐藤は4着、渡邉は流れ込んだだけの5着。以下、山崎、伏見俊昭(福島・75期)、永井、三宅伸(岡山・64期)の順。

勝った井上は残り1周半となったときには離されたが、永井の猛ダッシュのときに小嶋のマークに入れたのが大きい。
2着の平原はかなりきついポジションだったがよくここまで伸びてきた。大一番での2着は今後の飛躍が期待できる。
佐藤は悩んだ流れだった感。渡邉は何をしたかったのか。伏見は一時最後方、これではどうもならない。永井は見せ場つくったが、まだ自力が足りないのか。

1着 井上 昌己(長崎・86期) ----
2着 平原 康多(埼玉・87期)  1/2
3着 小嶋 敬二(石川・74期)   1


http://41407514.at.webry.info/200812/article_61.html   VOL.2
http://41407514.at.webry.info/200812/article_43.html   VOL.1

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • だい・はーど

    グランプリ終わりましたな。
    昨日、前売り車券を買おうと「横浜」まで。 するとそこは会員制だった。 しかたなく花月園競輪場まで行ってみたのだがやっていない。 川崎まで行こうかと思ったけれど止めたよ。 素直に今日平塚に行けば良かったか。 山崎から買うつもりだったので結果オーライです!!(前向き!!)

    今年はいろいろどーもでした。来年もよろしく。
    実は来年早々、家族が増える予定なのです。
    三連単当てて、うまいもん喰わしてやりたいです。(駄目だろうなー)
    2008年12月30日 18:24
  • Horse pub

    おう家族が増えるのかい・・・。
    これはおめでたい1年になりそうだね。
    2008年12月31日 07:21

この記事へのトラックバック