中京:障害未勝利

今年最初の中京競馬場での障害レース(未勝利戦)はレコード決着だった。
初障害のアルシャトルが逃げるレースで、飛越も無難だったが、前走4カ月振りのレースで2着だったリバースブライトが好位から直線でアルシャトルに並びかけ、クビ差、差した。

直線でも競る展開だったことからレコードが生まれることになった。
勝ったリバースブライトは今までとメンバーが楽になっていた感。中京と本場(京都、阪神)とは障害、ペースが違うだけに、今後どこまでやれるか。

トウショウビームは好位でレースを運んでいたが、2周目向正面1つめ第5号障害(置障害)で騎手が落ちた。

"中京:障害未勝利"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: